肋間神経痛の治療
ここでは肋間神経痛の治療について、詳しく説明していきます。

肋間神経痛を治療するにあたっては、病院で行う治療と自分で行う対処法の二つに分けることが出来ます。どのような病気に対しても言えることですが、治療において最も大切なポイントは肋間神経痛を起こしている原因を知ることです。原因が分からないのに闇雲に治療を行っていても、治らないばかりかさらに悪化させてしまう恐れもあるからです。その点では病院で検査を行うことは非常に重要となってくるでしょう。


sponsored link



【病院で行う治療】

肋間神経痛の原因のページでも解説している通り、原因と考えられるものは色々とあります。どの原因によって肋間神経痛が起こっているのかを検査や問診などから特定していき、明確に原因が分かればその原因に対する治療が行われます。
例えば、肋骨骨折であれば通常固定帯による固定が行われます。骨折の程度によっては内臓を損傷する恐れがあるので手術を行う場合もあります。帯状疱疹の場合では、帯状疱疹ウイルスに対する抗ウイルス薬による薬物療法が行われます。
また、狭心症と診断されれば血液をサラサラにする薬の投与を基本とし、冠動脈バイパス手術などの外科手術が必要となることもあります。

このように肋間神経痛の治療を病院で行う場合、まず原因を特定し原因に対する治療を行うのが基本となります。対症療法としては、痛みに対して鎮痛薬を服用したり湿布を貼ったりして対応します。症状が強いような場合には、局所麻酔薬による神経ブロックを行うこともあります。
検査で異変は見つからずストレス性の疑いが濃いような場合では、向精神薬なども勧められるでしょう。


sponsored link



【自分で行う対処法】

肋間神経痛を抑えるための自分で出来る対処法というのもあります。民間療法としても代表的なのがつぼ指圧があります。特定のツボを刺激することで神経痛を抑える効果が期待できます。他にも漢方薬を用いた対処法もあります。自然の生薬を配合して体質や体系などその人の状態に合わせた天然のお薬を服用する対処法です。

⇒ 肋間神経痛に効くツボ

⇒ 肋間神経痛に効く漢方

【その他の民間療法】

他にも、アロマオイルを使用したアロマテラピー、整体やカイロプラティックといった筋骨格を矯正する施術などもあり、実に多くの対処法が存在しています。注意してほしいのが、これらが肋間神経痛の全ての人に必ずしも効果があるわけではないので、個人的には医療機関で然るべき処置を受けて頂きたいと思います。


sponsored link





[当サイトへの問い合わせ]
6kkansinkei2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。