帯状疱疹ウイルス
ここでは肋間神経痛の原因の一つ、帯状疱疹について詳しく説明していきます。

帯状疱疹とは、水痘・帯状疱疹ウイルスに感染して発症する病気です。子供の頃にかかる有名な病気、水疱瘡(みずぼうそう)と同じウイルスで、初感染時に水疱瘡が発症し、以後ウイルスに対する抗体が出来た2回目以降の発症はほとんどが帯状疱疹を発症します。
帯状疱疹ウイルスは神経節に潜伏するので、発症時に神経細胞に沿って症状が現れやすいのが特徴です。帯状に赤い発疹や水ぶくれができ、強いかゆみや痛みを伴います。これが肋間神経を刺激することで肋間神経痛を引き起こすことになるのです。


sponsored link



【帯状疱疹の原因】

帯状疱疹の原因は帯状疱疹ウイルスの感染によるものですが、一度体内で抗体が作られ免疫が出来ると健康な状態では発症しません。免疫力が低下した際にウイルスの増殖を抑えることができなくなり発症してしまいます。
従って、免疫力が低下する要因、つまりストレスや疲労が引き金となって帯状疱疹は発症するものです。

【帯状疱疹の症状】

帯状疱疹の症状としては、神経に沿って赤い発疹や水ぶくれができ、強いかゆみやピリピリとした痛みを伴うのが典型的です。全身の神経節に潜伏するので、肋間神経だけでなく三叉神経や顔面神経など他の神経節でも症状が現れます。まれに発疹や水ぶくれが生じない場合もあり、かゆみと痛みのみが症状として現れるので、症状からだけでは原因が分かりにくいケースもあります。

【帯状疱疹の治療と対処法】

帯状疱疹の治療は、安静にすることを前提に抗ウイルス剤による薬物療法が基本となります。アシクロビル、ビダラビン、ファクシクロビル、バラシクロビルなどの帯状疱疹ウイルスに有効な抗ウイルス剤があります。皮膚疾患は早ければ1週間ほどで回復していきますが、痛みや痒みは治った後も後遺症として残ってしまうこともあるので注意が必要です。その場合には対症療法として、神経ブロックや非ステロイド性抗炎症薬、抗うつ剤や抗けいれん薬などの薬物療法や理学療法で対処することが検討されます。


sponsored link



このページを読んだ方は次のページもよく読まれています。


⇒ 原発性肋間神経痛

⇒ 椎間板ヘルニア

⇒ 外傷性肋間神経痛

⇒ 腫瘍や血腫

⇒ 狭心症




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
6kkansinkei2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。