狭心症
ここでは肋間神経痛の原因の一つ、狭心症について詳しく説明していきます。

肋間神経痛で最も注意しなければならないのが狭心症です。狭心症とは、心臓の筋肉である心筋に酸素を運ぶ冠動脈という血管で異常が発生し、心筋が虚血状態に陥る心臓の病気です。進行すると心筋梗塞や心室細動を起こし、命に関わることもある重大な病気です。
狭心症は胸の痛みを起こす代表的な心臓疾患でもあり、肋間神経痛を放置せずに病院で検査を受けることを勧めるのはこの為です。


sponsored link



【狭心症の原因】

狭心症の原因は、冠動脈の血管内でプラークという内膜の肥厚によって固まりが発生し、これが血流を妨げることで虚血状態に陥ることです。主に日々の食生活や生活習慣が深く関わっているとされ、肥満や高血圧、高脂血症や高尿酸血症、ストレスなどが誘発すると言われています。

【狭心症の症状】

狭心症の症状としては、主に胸の痛み(キューっと締め付けられるような痛み方)、みぞおち付近から左肩へ向けて痛む、動悸や不整脈、呼吸困難などが挙げられます。症状は発作的に現れるのが特徴で、一旦症状が始まっても通常15分程度で治まり、また再発時に同様の症状を繰り返すように起こります。

【狭心症の治療】

狭心症の治療は、主に3つの治療法があります。抗血小板薬やβ遮断薬、硝酸薬やカルシウム拮抗薬などを用いた薬物療法、カテーテルを用いて冠動脈の狭窄を広げるカテーテル療法、共作している血管の先に他の血管を繋ぐ血管バイパス療法があります。

狭心症は放置していると、次第にプラークが肥大して血流が完全に遮断されてしまい心筋梗塞を起こす恐れがあります。心筋梗塞を起こすと、最悪の場合は命の危機にさらされることもある重篤な病気なので、発作的に繰り返す肋間神経痛は狭心症を疑って早い段階で病院で診てもらうようにしましょう。


sponsored link



このページを読んだ方は次のページもよく読まれています。


⇒ 原発性肋間神経痛

⇒ 帯状疱疹ウイルス

⇒ 椎間板ヘルニア

⇒ 外傷性肋間神経痛

⇒ 腫瘍や血腫




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
6kkansinkei2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。