椎間板ヘルニア
ここでは肋間神経痛の原因の一つ、椎間板ヘルニアについて詳しく説明していきます。

肋間神経痛がヘルニアの症状として現れることがあります。椎間板ヘルニアは脊椎を構成する椎間板にヘルニアが生じた状態、椎間板が飛び出した状態です。飛び出した椎間板は周囲の神経を圧迫して神経痛を引き起こすのが椎間板ヘルニアの特徴ですが、これにより肋間神経痛を引き起こすこともあります。
椎間板ヘルニアと聞くと腰痛、腰椎の部分に起こるものと思われがちですが、腰椎に多いだけで椎間板のある場所であればどこでも起こり得ます。首の部分では頸椎椎間板ヘルニア、胸部では胸椎椎間板ヘルニアなどがあります。この胸椎椎間板ヘルニアの場合に、肋間神経痛を引き起こすことがあるのです。


sponsored link



【椎間板ヘルニアの原因】

椎間板ヘルニアの原因は、主に日頃からの悪い姿勢の積み重ね、加齢に伴う椎間板組織の老化などが挙げられます。ただし脊椎の構造上、胸椎では腰椎や頸椎に比べるとヘルニアを起こしにくく、胸椎椎間板ヘルニアは非常に珍しい病気と言えます。従って、胸椎椎間板ヘルニアによる肋間神経痛もごく稀にしか見られません。

【椎間板ヘルニアの症状】

椎間板ヘルニアの症状は、飛び出した椎間板が周囲の神経を圧迫することで起こる神経痛が典型的です。脊椎から伸びる神経は全身の細部に伸びているので、手や足にまでしびれや痛みを感じます。胸椎椎間板ヘルニアの場合も、足のしびれや肋間神経痛が代表的な症状で、時に背中にも症状が現れることもあります。

【椎間板ヘルニアの治療と対処法】

椎間板ヘルニアの治療は、軽度であれば消炎鎮痛剤の服用や神経ブロックなどの対症療法が基本となりますが、進行して歩行障害など日常生活に支障を来たすような場合では、外科手術が検討されます。


sponsored link



このページを読んだ方は次のページもよく読まれています。


⇒ 原発性肋間神経痛

⇒ 帯状疱疹ウイルス

⇒ 外傷性肋間神経痛

⇒ 腫瘍や血腫

⇒ 狭心症




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
6kkansinkei2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。