原発性肋間神経痛
ここでは肋間神経痛の原因の一つ、原発性肋間神経痛について詳しく説明していきます。

そもそも「原発性」とは、他の病気が起因しているわけではなくそれ自体が最初の発症という意味で用いられる言葉で、言い換えるなら単体で発症した病気のことです。臓器がんを例に挙げると、胃や肝臓などその臓器単体で癌が発生したものは原発性がんと呼び、他の臓器やリンパからの転移によって癌が発生したものは転移性がんや続発性がんなどと呼び区別されます。
従って、原発性肋間神経痛の場合も他に異常が見当たらないのに症状が起こっているものを指して言います。


sponsored link



【原発性肋間神経痛の原因】

いわゆる原因不明のものを原発性肋間神経痛と呼びます。考えられるのは、不自然な姿勢を取ったり運動不足や疲労が溜まる事で、肋間神経が骨や筋肉による圧迫を受けて刺激されることです。また、精神的なストレスも深く関わっていると考えられ、心の緊張は体の緊張に直結し不調を来たす原因となるのです。精神状態に加えて上記のような身体状態が絡み合うことが主な原因として挙げられます。

【原発性肋間神経痛の特徴】

ストレスが絡んでいる事が多いため、常に症状があるわけではなく発作的に症状が現れる傾向にあります。痛みは強くなったり弱まったりと一定せず、強いストレスを感じた後にズキズキと痛むようなケースが多く見られます。

【原発性肋間神経痛の治療と対処法】

睡眠や休息を十分に取ることで自然と回復するケースが多く、リラックスできる環境を整えること、また精神面だけでなく猫背などの悪い姿勢を改善していくことも治療に繋がります。
ストレスを感じない生活というのは非常に難しいもので、ストレス社会という言葉もあるほどストレスは普段の生活からは切っても切れないものでもあります。自分に合ったストレス軽減方法を見つけるのも、現代社会を生きる上で大切なことでしょう。


sponsored link



このページを読んだ方は次のページもよく読まれています。


⇒ 帯状疱疹ウイルス

⇒ 椎間板ヘルニア

⇒ 外傷性肋間神経痛

⇒ 腫瘍や血腫

⇒ 狭心症




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
6kkansinkei2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。