肋間神経痛の原因
ここでは肋間神経痛の原因について、詳しく説明していきます。

ぶつけたときに痛みを感じるのはその部分に損傷を受けたことを知る為のサインです。風邪を引いた時に熱が上がったり咳き込んだりするのも同様で、人間の体というのは何かしらの異変が起こると、そのシグナルとして様々な症状を起こす防衛本能が備わっています。肋間神経痛も同じで、肋間神経痛を起こす原因(異変)があるからこそ、肋間神経痛という症状(サイン)が現れるのです。


sponsored link



では、肋間神経痛を起こす原因にはどのようなものがあるのでしょうか?
実は肋間神経痛の原因は不明な所も多く、現在でも研究が進められています。分かっている事は、肋間神経が刺激を受けることで起こるということで、その刺激の元となるものに関して様々な要因が挙げられます。最も多く見られるのが、ストレスや疲労などによって神経が骨や筋肉に締め付けられることで起こる原発性肋間神経痛と呼ばれるものです。
また、他にも帯状疱疹ウイルスによるものや、背骨の中でも胸椎の椎間板ヘルニアによるもの、脱臼や骨折など外傷性のもの、腫瘍や血腫などいわゆるできものによるもの、心臓の病気として有名な狭心症によるもの、といった様々な原因が挙げられます。

⇒ 原発性肋間神経痛

⇒ 帯状疱疹ウイルス

⇒ 椎間板ヘルニア

⇒ 外傷性肋間神経痛

⇒ 腫瘍や血腫

⇒ 狭心症


sponsored link





[当サイトへの問い合わせ]
6kkansinkei2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。